♪いたち保育園♪

3号によるいたち日記 (※画像の持ち帰りは禁止です!※)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決定っ!

またまた大学病院へ行ってきまひた。


前回の検査と 自分で計測している数値。
「 どちらかひとつでもアヤシイ点があれば 木曜から検査入院 」
という予定だったのでしが、
この数日、
いろいろ考え・・・ 悩み・・・
相方とも相談して。


元気な腹子さんを産出するためにも、
残りの妊婦生活を 安心して過ごすためにも、
検査の結果がどうであれ、
ここで検査入院をしといたほうが 賢明じゃないか。。。

ということになりまひて。

ちょっと根性すえて、「 そのつもり 」 で行ってまいりまひた!





ら。


こないだの、HbA1c等の検査結果からは あやしい点がみつからず。

自分で測定している数値も、許容範囲で。

食事療法の仕方なども 今のままでOKということで。



検査入院をしても、病院でやることは
今と同じように 1日7回血糖値を計測することと、食事療法の指導なので、
今ここで入院しても、あまり意味をなさないかも~


っと、あれれ?な展開~~





でもって 更に。

今の状態的には、元々の病院でも、もちろんこちらでも、出産可能だと思いますので、
どーしますぅ? 元の病院に、紹介状書きます?
ただ、負荷試験では 一項目ながらもちょい高めの数値が出てるので
先方(元の病院)がすんなり受け入れるかどうかは、
その先生の考え方なので なんとも言えないんですけど。。。


っと これまた急展開っ





なんでも、妊婦が転院する場合は 34週までに先方に渡す?というのが
産科医の中での暗黙の了解になっているんだそうで、
3号さんも、
そろそろここで、どっちの病院で産出するか、決めなきゃイカンと・・・



ぬぉぉぉぉ~~~

どぉ~するよぉぉぉぉ~~~!??








いや、あの、高血糖の疑いがある以上、
このまま大学病院で管理、産出したほうが、
3号自身のためにも、腹子さんのためにも、安心ではあるんでしけどねぇ~
ただ、このへん ↓ のからみなんかもありまひて・・・




  @ 大学病院は 平日のみの診療。
    おまけに 車じゃないと行けない場所にあるので、
    10ヶ月に入って週1回の健診になると、相方の仕事の調整が難しい

  @ 最初にもらった資料によると、大学病院は完全自然分娩のみ。
    腰の負担もあり、
    ぼっさまの時は ピークの時に痛み止めの注射を打ってもらったのでしが、
    無痛等は扱っていないとのことなので、そのへんの不安

  @ 陣痛がきたら 自分で連絡を入れて、病院へ向かう というのが
    通常 当たり前のナガレなのでしが
    3号の場合、陣痛が即 持病の腰のほうにきてしまうので、
    もし 相方がお仕事に行ってる間に陣痛がきたら、
    車でしか行けない場所へ、どうやっていくか、
    & ぼっさまのことをどうするか

  @ 大学病院は、行く度に診てくれる先生が違うので
    そのへんの不安







・・っと、いろいろいろいろ。

いっくら考えても、これらの不安を抱えたまま 決断をすることはできないので、
ちょいと時間をいただき、
じっくりと、先生と話しをさせてもらいまひた。。。




したっけ。



腰椎すべり症と、高血糖の疑い、という キチンとした?理由があるので
無痛分娩は可能。

     ⇒ 公にすると、本来 無痛分娩の必要がない人まできてしまい
       必要としている人への手や労力がとられてしまうため、公表をしていない


高血糖の疑いが多少でもある場合 大学病院では、 
胎盤の機能が衰える前、すなわち 38週を目処に出産にもっていく。
10ヶ月 ( 36週 ) に入ると 週に1回の健診になるが
38週に入ったら入院、誘発分娩になるため、実質 週1で健診に行くのは数回。

     ⇒ 3号の場合 ちょうどGWをはさむので、
       今後の健診は あと3回。
       ( 4回目には入院、分娩! )

       
希望があれば・・・
今回の先生が診察にあたっている日に 健診、出産をあてれば
基本的に 今回の先生が担当してくれるとのこと。






っということは?



残りの3回の健診のうち 何日間か、3号兄or3号父にご協力をいただければ
日程的には なんとか調整できるのでは・・・

38週で入院 ⇒ 誘発 ⇒ 分娩 と決まっていれば
もし突如陣痛がきたら・・・という不安はなくなるし、
相方も仕事の調整がつけやすく、
ぼっさまのことも安心ではないか・・・

内科、小児科と連携がとれるので
もしも 臍の緒を切った瞬間に、赤子さんが低血糖等を起こしたとしても
すぐに対応、管理ができるので 安心





なので。

腹子さんは、大学病院で産出することにいたしまひたーっ!!






今後の通院日も、入院、誘発する日も、ある程度きまり
なんだか急に リアルになってきまひたよ~~~~っ


腹子さん産出まで、あと約1ヶ月。


食事療法も、血糖管理も、「 その日 」 に向けて がんばらねば!!と
あらためて思いますです。。。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://itachihoikuen.blog44.fc2.com/tb.php/1524-eb6b4dc8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT