♪いたち保育園♪

3号によるいたち日記 (※画像の持ち帰りは禁止です!※)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思い出のパン

今日はちょいと、長~~~いお話だす。。。


記事の中でも 何度か書いておりまふが、
4年ほど前まで、3号は保育園に通っておりまひた。 ( 一応、お仕事さん )

7:00~20:00までと 長時間保育をしている園でひたので、
いくつものシフトがあったのでしが、
3号は、基本 午後。
13:00 もしくは 14:00 から、閉園後の戸締りまでが担当でひた。

しかしながら、
同じクラスの職員がお休みの日や、行事の日、年度末、年度始め などは、
赤子の手も借りたいくらい大忙しなため、午前中からの出勤。
イコール。
「 給食を食べられる 貴重な日 」 
でもありまひた。



園の栄養士さん&調理士さんが作ってくれる給食は、
3号が子どものころに学校で食べていたものとは ま~~ったくの別物で、
バランスの良い、出汁のしっかりした、薄味の やさし~い味。

そしてそして、
時々登場するパンが とにかく美味しかったのでし。。。




ふんわりやわらかくて、

微かな甘みがあって、

耳の部分まで し~~っかり美味しい~~~♪







栄養士さんに どこのパン屋さんから仕入れてるのか聞いたところ、
意外にも、
3号さんちの近所にある 小さなパン屋さん。。。

ずっと昔・・・ 3号が子どもの頃。
今は亡き母親に手をひかれて、ショッチュウ行っていたところでひた。



大きくなって、いつしか行かなくなり、
正直、まだやっていたことすら 知らなかったんでしけどね。。
これを機に、また ちょくちょく行くようになりまひた。


仕事を辞めても。

結婚しても。

ぼっさまが生まれてからも。





ぼっさまがべビの頃に食べていた パンがゆは、
ここのパンやさんから頂いた 「 耳 」 の部分で作っておりまひた。

パンがゆを卒業すると、
歯固めのため、「 耳 」 をトーストしてあげていまひた。

歩けるようになると、お散歩の帰りにここへ寄り、
お昼ご飯や おやつにしていまひた。

相方は、週に1回は 会社に持って行き。

フェレさん健診の日は 
いつも焼きたてのパンを 車の中で食べながら行きまひた。







おじさんとおばさんには お子さんがいらっさらなかったこともあり、
いつも ぼっさまを可愛がってくれまひた。

特におじさんは、お店の奥から わざわざ出てきてくれたり、
何も言わずとも 「 耳 」 をとっておいてくれたり、
食べてみてね~♪と 試食にいくつもパンをくれたり。


いつもニコニコしながら、
お店を出るまで 見守ってくれていまひた。















なのに・・・




秋になるころ。

お店の入り口に、 

『 事情により、しばらくお休みさせていただきます 』

そう手書きで書かれた紙が 貼り付けてありました。







「 まいっちゃったよ~ 検査入院になっちゃってさ~ 」

お盆前に、おじさんが いつものように穏やかな口調で言っていました。


なのできっと、静養されてるんだな~~って。

1~2週間したら、また 『 いつもどおり 』 に戻るって。

そう思ってたのです。







しかし、
1ヶ月経っても、2ヶ月経っても、お店のシャッターは閉まったまま。




そして 11月の末には、


『 事情により、閉店させていただきます。 長い間、ありがとうございました 』


違う張り紙に変わっていました・・・。
















どうしちゃったんだろう・・・


おじさん、具合悪いのかな・・・


いつかまた、落ち着いたら、お店再開しないかな・・・


おじさんの焼いたパン、食べたいなぁ。。。










いろんな思いで、ずっとずっと モンモンとしていました。


何もわからないまま 年が明け。

2月の半ばをすぎた頃。



おじさんが、1ヶ月以上も前に 亡くなったことを知りました・・・。












閉店の張り紙を目にした時から、何か イヤナモノは感じていたのです。

考えたくないけど、
「 もしも 」 の場合には・・・
おぼっさまを連れて、ちゃんとありがとうを言いに行こう。。。

そんなことも思っていたのに。


何も言えないままになってしまいました・・・。







おじさんの、あの 穏やかな雰囲気も、

いつも決まった時間にパンくずをもらいにくる、「 仕事をしていないであろう人 」 のために
耳の部分や売れ残ったパンを ちゃんととっておいてあげる暖かい人柄も、

ふんわり やさしい味のパンも、

大好きだったのにな。。。




子どもの頃には、母に手を引かれ。

大人になって ぼっさまの手を引いて。

3号にとって、ちょっと特別な場所になってたのにな。。。



今 お腹の中にいる赤子さんにも、

食べさせてあげたかったのにな。。。








本当に いろんな意味で、

寂しくてしょうがありません。。。
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

大切な思い出に…。

運命的な的な出逢いであったかの様に思いました。
3号さんが保育園で働かれていた事は何となく知ってましたが、ここまで以前の事を記事に綴られた事は記憶にありません。

記事に書きとめておかなくてはならないくらい大切な方で、たくさんの思い出があった様に感じました。
ぼっ様は、パンに何もかけずに耳まで食べると教えて頂いた事があり、驚いた事があります。
きっと、ぼっ様も大人になっても忘れないと思います。

僕も子供の頃にスーパーのお店で焼きそばやお好み焼きを作られている方で知らないうちに店が休みになって…後から亡くなったのを聞いた事があります。
僕も、ふとその事を思い出しました。


今回は、もしかしてご自身の日記として記事にされたかと思い、コメントすべきか悩みましたが、あえてコメントしました。

| こがっち♪ | 2010/03/10 01:05 | URL |

丁寧なコメントを、ありがとうございまふ。。。

>こがっち♪さん

「 ただのパンやさん 」 ではなく、
時間を越えた いろいろなつながりがあったもので、
保育園勤務時代から お話させていただいた次第でございます。。。
ホントはね、今日の記事までを書きたかったのでしが
内容がごちゃごちゃになりそうだったので、2話にわけまひた。
あまり文字ばっかりだと、見てくらさってる方も疲れちゃいまふしねぇ~

ぼっさまは、今も パンには何もつけない派だす。
トーストしないで そのままガブリ。
相変わらず 耳からせめていくのでしが、ここのところは 食べても1/2枚。。。
おじさんのパンとは やっぱり、食いつきも、表情も違うんだすよねぇ。。

| 3号  | 2010/03/10 13:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://itachihoikuen.blog44.fc2.com/tb.php/1494-98066ea8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT